吃音について

言語症状

 吃音とは、スムーズに話すことができない障害です。

 

 もちろん、緊張したり、気持ちが焦っている時にスムーズに話せないのは、吃音でなくてもよくあることでしょう。そのため、吃音のある人だけに見られる現象として、「繰り返し」、「引き伸ばし」、「ブロック」が、吃音の「中核症状」と位置づけられています。

 

繰り返し 言葉が連続して出てしまうこと(「おおおはよう」)。
引き伸ばし 言葉を伸ばして出してしまうこと(「おーはよう」)。
ブロック 言葉がなかなか出てこないこと(「……おはよう」)。

 

 また、「中核症状」には「適応効果」と「一貫性」、「場面差」と「変動性」などの特徴があることも指摘されています。

 

適応効果

同じ言葉を繰り返し言うと、徐々に吃音が出なくなること。

一 貫 性  特定の言葉や文章で、吃音の症状が出やすいこと(苦手音など)。
場 面 差 特定の状況や相手、体調や気分などで症状の現れ方に差があること。
変 動 性  状況や相手、体調や気分などが同じでも、症状の現れ方が変わること。

 

 適応効果と一貫性、場面差と変動性は一見すると矛盾するようにも思えますが、これらが並行して生じることから、吃音は捉えどころがなく、そのせいで周囲から理解されにくい場合が少なくありません。

二次症状

 スムーズに話せないこと(言語症状)自体、日常生活において様々な不便を生じさせる原因となります。

 しかし、それよりも重要なのは、スムーズに話せず、周囲から非難されたり、自信を失ったりすることで心理的に深く悩み、対人交流に消極的になってしまうことです。

 

 吃音を持ちながら生活していくと、徐々に「吃音は恥ずかしい」とする考え(否定的価値観)が生まれ、次第に「吃音を隠したい」と思うようになる場合があります。

  吃音を隠すための行動は「工夫」と呼ばれ、以下のようなものがあります。

 

 

解除反応 話す時に不自然に体を動かすなど(随伴運動)。
助 走  あのー、えーと等の空語句を多用して吃音をごまかそうとするなど。
延 期  吃音の出やすい言葉を出にくい言葉に言い換えるなど。

 

 これらを駆使して吃音を隠そうとすればするほど、ますます吃音に対する悩みを深めていくことになります。

吃音によって起こる問題

 工夫を使えば、その場をやり過ごすことはできます。しかし、吃音を隠していること自体がストレスとなるだけでなく、不自然な身体動作や言葉使いで相手に違和感を覚えさせてしまい、結果としてコミュニケーションに失敗することが少なくありません。

 

 そして、失敗体験が繰り返されると、コミュニケーションに対する意欲が低下し、話す場面そのものを遠ざけようとする「回避」が生じる場合があります。

 

 回避とは、例えば「国語の音読で当てられそうな日は学校を休む」、「挨拶をしない」、「電話が鳴っても出ない」などの現象が挙げられますが、「学校」や「就職」自体を回避するようになれば、不登校や引きこもりなど、深刻な社会不適応に陥ってしまうことにもなりかねません。